ナノセルロースニュース2020年5月

4K有機ELテレビのオーディオシステムにセルロースナノファイバーを使用(2020.5.28)

東芝映像ソリューション株式会社は同社の4K有機ELテレビのフラッグシップモデル、レグザX9400に搭載されるオーディオシステム「レグザパワーオーディオX-PRO」に、セルロースナノファイバー(CNF)を使用した振動板が使用されることがわかりました。

77型、65型、55型に搭載されるレグザパワーオーディオX-PROでは、CNFコーティングダブルフルレンジスピーカーとアルミ振動板によるハードドームツイーターの新型2ウエイスピーカーを前面に配置することで、解像感の高いクリアな音を再生します。また65型、55型では、CNFコーティング振動板ダブルウーファーと対向型パッシブラジエーターによる新型重低音バズーカを背面に配置することで、豊かで切れのよい重低音を再生することができます。なお65型、 55型は2020年 6月19日に、77型は2020年秋にそれぞれ発売予定です。

詳しくは同社のニュースリリース等をご確認ください。

セルロースナノファイバー100%の構造材料を中国科学技術大学が開発(2020.5.26)

中国科学技術大学(安徽省合肥市)のShuhong Yu教授のグループが、セルロースナノファイバー由来の超高強度構造材料を開発したことを、中国の新華社が配信しました。

報道のもとになった論文を確認したところ、この材料はバクテリアナノセルロースのシートを表面処理したのち、1MPaでプレスし、さらに100MPa、80℃でホットプレスして作られており、サイズは320×220×27Dmmで、重量は2,560gでした。比重は1.35g/m3でセルロースの比重とほぼ同じです。これをセルロースナノファイバープレート(CNFP)と名付けており。高強度(198MPa)、高衝撃靭性(67kJ m-2)、低熱膨張(5×10-6 K-1)であることから、航空宇宙用の構造材料として用いることができると説明しています。CNFPはフライス盤で任意の形状に加工できます。またバクテリアナノセルロースのシートの表面処理の仕方で、強度特性の異なる材料を得ることができます。ただ論文ではバクテリアナノセルロースの市場価格が1円/kg以下と記載されていますが、一般的に知られている価格と乖離しているため、確認が必要です。なおAFP通信社も新華社の報道を受けて配信記事を出していますが、説明図は全く別のものが使われています。

詳しくは新華社のHPをご確認ください。

ナノセルロースで補強した生分解性プラを韓国のSKCが生産へ(2020.5.25)

韓国の化学メーカーSKCは、PBAT(ポリブチレンアジペートテレフタレート)に木質由来のナノセルロースを補強材として用いた生分解性プラスチックの量産技術の開発に着手したと、ニュースリリースで発表しました。

PBATは生分解性がある一方で、引張強度が低く破れにくいという欠点がありました。韓国化学研究院ではPBATをナノセルロースで補強する技術を開発し、これをSKCを含む民間企業に技術移転することになり、生分解性プラの製造・製品化と蔚山広域市での実証事業が始まる予定です。

詳しくはSKCのニュースリリースをご確認ください。

ナノセルロース・ドットコムロゴ

世界のトレンドから取り残されたくない!
コストも時間もかけたくない!
どこに相談したらよいのか分からない…