カーボンブラック大手がタイヤ向けのナノセルロース複合材料を開発

2020.7.7 

カーボンブラックの世界的なリーディングカンパニーであるBirla Carbon(インド)は2月20日のプレスリリースで、GranBio Technologies(米国)と共同で、ナノセルロースを分散させたタイヤ・ゴム製品向けの複合材料、NDCTMゴムマスターバッチを開発したと発表しました。これは両社の共同研究によるもので、ナノセルロースをゴムに配合することで物理的性能を改善するとともに、サステナブルな材料の含有量を増やします。またタイヤに組み込んだ場合、タイヤの転がり抵抗と車両の燃費を改善できるとのことです。

詳しくはBirla carbonのプレスリリースをご覧ください。

ナノセルロース・ドットコムロゴ

世界のトレンドから取り残されたくない!
コストも時間もかけたくない!
どこに相談したらよいのか分からない…