堀場製作所、ナノ材料の計測研究のため産総研に粒子計測連携研究ラボを設置

2021.2.1 

堀場製作所は、世界トップレベルの粒子計測を可能とするシステムの実用化を目指して、産業技術総合研究所(産総研)と共同で、産総研計量標準総合センター(茨城県つくば市)内に堀場製作所-産総研 粒子計測連携研究ラボを設立し、2月1日より稼働したことを、同日付けのプレスリリースで発表しました。環境規制強化に対応する気中微粒子計測技術の開発、産業競争力強化に資する先端ナノ材料の計測評価システムの開発、連携研究ラボを通じたシナジー効果の発現と若手イノベーション人材の育成を主な目的としています。このうちナノ材料特性の解析・評価システム開発では、堀場製作所がもつナノ粒子解析装置を用いて実測データを積み上げ、カーボンナノチューブやセルロースナノファイバーといった先端材料における効果的な解析・評価を行うシステムの開発に取り組むとのことです。

詳しくは、同社のプレスリリースをご覧ください。

ナノセルロース・ドットコムロゴ

世界のトレンドから取り残されたくない!
コストも時間もかけたくない!
どこに相談したらよいのか分からない…