低熱膨張

低熱膨張、ナノセルロースは温度で長さが変わりにくい

ナノセルロースは温度など変化により長さが変わりにくいという、寸法安定性という特徴があります。温度が上昇すると固体の多くは長さや体積が大きくなりますが、これを膨張といいます。線熱膨張率は、温度上昇に伴って長さが膨張する割合を、温度(K:ケルビン)当たりで示したものです。ナノセルロースの線熱膨張率は0.1×10-6/Kで、これは温度が1℃上昇すると、長さが1千万分の1長くなるという意味です。表に主な物質の線熱膨張率を示します。ナノセルロースは「石英ガラス並みの低熱膨張」といわれることがありますが、石英ガラスの1/5の低熱膨張です。

材料名 線熱膨張率(×10-6/K) 材料名 線熱膨張率(×10-6/K)
フェノール樹脂 0.25~0.68 アクリル樹脂 0.45~0.7
石英ガラス※ 0.5 ポリスチレン 0.6~0.8
高密度ポリエチレン 1.1~1.3 硬質ガラス 8.5
炭素鋼 10.8 コンクリート 12
ステンレス鋼(SUS304) 17.3 パラフィン 110
ゴム 110 炭素繊維 -1.5~-0.4

※0~100℃のとき

ナノセルロース・ドットコムロゴ

世界のトレンドから取り残されたくない!
コストも時間もかけたくない!
どこに相談したらよいのか分からない…