中身

容器の中身は本当にセルロースナノファイバー?

容器の中に半透明でゲル状の液体が入っており、ラベルに「セルロースナノファイバー」と書いてあります。これが本当にセルロースナノファイバーかどうか、証明する方法はあるのでしょうか。方法はありますが、それは共通の物差しではありません。ですから、これはセルロースナノファイバーだと主張すれば、それを否定するすべはありません。共通の物差しを「規格」といいます。国内で通用する国内規格、世界各国で通用する国際規格などいろいろありますが、セルロースナノファイバーについては、国内規格も国際規格もありません

例えば「しょうゆ」は日本農林規格で成分と官能で規定されており、それぞれ測定方法も詳しく決められており、さらに「しょうゆ」と表示するための数値の範囲が規定されています。しょうゆを水で薄めても、見た目はしょうゆですが、成分の数値が規格を下回ると、それはもはやしょうゆではありません。セルロースナノファイバーに寒天を混ぜて、固形物濃度を2倍にしたとします。しかし、これがセルロースナノファイバーではないと、断言できるでしょうか。固形分の半分はセルロースナノファイバーなのですから。

このように規格がないということは、商品の取引をするうえで非常に不便です。このような状態では、セルロースナノファイバーの利用が拡がらないので、セルロースナノファイバーであることを証明する方法を早く共通化し、国際標準とするための活動が2015年から行われています。現在、TEMPO酸化セルロースナノファイバーやリン酸エステル化セルロースナノファイバーなど、繊維の径が3~4nmで、水中で完全分散するセルロースナノファイバーを対象として、特性評価の項目と測定方法を決めるための国際標準づくりが進んでおり(ISO/TC 229 – DTS 21346)、数年以内に技術仕様書として発行される見通しとなっています、一方大半のセルロースナノファイバーはこれよりも繊維の径が大きく、水中で網目状になっています。これらのセルロースナノファイバーの特性評価方法の規格化については、まだ着手されていません。

セルロースナノファイバーの取引は基本的に企業間取引なので、取引する企業どうしで、性状と品質について合意ができればよい、との考えもあり、製造する側は規格化に必ずしも積極的ではありません。しかしセルロースナノファイバーを利用する側にとって、各社のセルロースナノファイバーの性状を共通の物差しで比較できないことは、大きなデメリットではないでしょうか。

ナノセルロース・ドットコムロゴ

世界のトレンドから取り残されたくない!
コストも時間もかけたくない!
どこに相談したらよいのか分からない…