航空機産業で使用が検討されるナノセルロース

2021.3.20 

航空機産業におけるナノセルロース材料の使用について、航空機に関する情報サイト Aircraft Internationalに、アメリカ政府のNational Nanotechnology Coordination Office (NNCO) (国立ナノテクノロジー調整局)のLisa Friedersdorf 局長へのインタビュー記事が掲載されていたので、紹介します。内容は、ナノテクノロジーが航空機産業にどのようなイノベーションをもたらすのか、についてのインタビュー記事ですが、その中でナノセルロースの利用について、触れられた部分は次の通りです。

1) セルロースナノクリスタルを使ったフィルター

セルロースナノクリスタルには、防臭性があり、これらのタイプの材料を使用するフィルターがあります。それらはHEPAフィルターと同じように機能しますが、より優れています。臭気に関しては、細菌のような臭いを発生させる可能性のあるものを殺します。またこれ以外にも、ナノスケールフィルターの戦略もあります。

2) 窓ガラス

明日の航空宇宙ナノ材料も有機的で生分解性である可能性があります。ナノセルロースは廃材またはさまざまな植物材料から作ることができ、強度は非常に高いのに軽量です。それらは、カーボンナノチューブベースの複合材料で耳にするものと似ていますが、ナノセルロースです。ナノセルロースは興味深い光学特性を持っています。高強度で透明な鎧のような、軽量の防弾窓を作ることができるため、多くのアプリケーションへの適用が検討されています。

その他の内容については、Aircraft Internationalの記事をご覧ください。

ナノセルロース・ドットコムロゴ

世界のトレンドから取り残されたくない!
コストも時間もかけたくない!
どこに相談したらよいのか分からない…