農業廃棄物から衣料用繊維を製造するプロセス

2021.2.27 

イギリスのCranfield University とUniversity of Yorkは共同で、農業廃棄物に由来するバイオマスを使用して衣料用繊維を製造するためのより環境に優しいプロセスを開発しているとのことです。農業・園芸分野での国際的なオンラインコミュニティーHortiDaily.comが運営するウェブサイトに2月26日に掲載された記事によりますと、農業廃棄物や家庭ごみを原料にして、バクテリアによってセルロースを生産させます。そしてそのセルロースを紡糸することで、持続可能なファッションのための繊維を作ることができるとのことです。

衣料産業は、温室効果ガス排出量の10%、廃水量の20%を占めています。またセルロースは植物や木材に見られる構造ですが、従来のビスコース/レーヨンセルロース繊維は、硫酸や二硫化炭素などの有毒化学物質を使用しないと抽出することができません。新たなプロセスでは、環境ヘの影響が大幅に減少します。

詳しくはHortiDailyの記事をご覧ください。

ナノセルロース・ドットコムロゴ

世界のトレンドから取り残されたくない!
コストも時間もかけたくない!
どこに相談したらよいのか分からない…