DUNLOPエナセーブNEXTⅢが省エネ大賞資源エネルギー庁長官賞を受賞

2021.2.5 

住友ゴム工業は、DUNLOPブランドのフラッグシップ低燃費タイヤ、エナセーブ NEXTⅢが2020年度省エネ大賞、製品・ビジネスモデル部門で資源エネルギー庁長官賞を受賞したことを、同日、ニュースリリースで発表しました。

このタイヤは、これまでタイヤに用いていたポリマーとは全く異なる水素添加ポリマーを採用し、ウェットグリップ性能の低下を大きく抑制することで、新品時の性能が長く持続します。さらにセルロースナノファイバー(CNF)を世界で初めてタイヤ用ゴムに採用しました。これらにより、タイヤラベリング制度において最高グレードAAA-aを達成し、ライフサイクルアセスメントの観点からも環境負荷低減に貢献しています。

なおこの製品は2019年10月から発売されていますが、現時点でタイヤサイズが195/65R15 91Hのみとなっています。他のサイズのタイヤの発売が望まれます。詳しい内容は、同社のニュースリリースをご覧ください。

ナノセルロース・ドットコムロゴ

世界のトレンドから取り残されたくない!
コストも時間もかけたくない!
どこに相談したらよいのか分からない…