パナソニック、セルロースナノファイバー70%の成形材料を開発

2021.2.4 

パナソニック株式会社マニュファクチャリングイノベーション本部は、植物由来のセルロースファイバー(CNF)を70%の高濃度で樹脂に混ぜ込む複合加工技術と、それを製品化する成形加工技術を開発したことを、同日付のプレスリリースで発表しました。同社ではCNF濃度が55%の成形加工技術を2019年に開発済みですが、今回はこれをさらにグレードアップさせたものになります。

樹脂、セルロース材料の最適化、混練方法の改良により、高剛性タイプ、高流動タイプの2種の複合樹脂成形材料があります。

高剛性タイプは、CNFの形状を制御することで、曲げ弾性率で9 GPa以上の高剛性を実現しており、車載機構部材にも展開が可能です。

一方の高流動タイプでは、高濃度化の課題である流動性の改善、新たな金型構造等による成形技術の開発、さらに成形プロセスの最適化と組み合わせることで、CNF濃度55%のものと同等の薄肉成形加工が可能で、家電筐体や日用品などに展開可能です。また、着色自由性が高く、着色剤なしでも、素材そのものを褐色化させることで色むらを制御することが可能で、木質感などの高いデザイン性も実現できます。

現在、CNF含む檜、杉、竹、麦、茶葉、コーヒーなど、様々な植物廃材を有効利用する取り組みを、自治体、企業と連携して進めています。これらの植物廃材を樹脂に混ぜ込むことで、植物ごとの色や香りなど感性価値を生み出すことが可能です。今回の複合加工技術、成形技術の開発により、これらの植物廃材についても70%濃度で樹脂に混ぜ込むことができ、薄肉成形加工が可能となったそうです。

今後は、高濃度CNF成形材料の特徴と優位性を活かし、家電筐体や車載機構部材、高強度とデザイン性を活かした大物家電外装や美容家電、服飾衣料品や日用品、また飲料・食品容器等への展開を進めるとのことです。また同時に、材料特性や素材優位性をさらに高めることで幅広い商品への展開を加速し、樹脂使用量の低減を通して持続可能社会の実現を目指すそうです。

詳しい内容は、同社のプレスリリースをご覧ください。

ナノセルロース・ドットコムロゴ

世界のトレンドから取り残されたくない!
コストも時間もかけたくない!
どこに相談したらよいのか分からない…