セルロースナノファイバーからの包装用材料を開発に補助金

2021.1.14 

Perdue大学の研究者は研究成果を実用化するために、Trask Innovation Fundから研究資金を受けていますが、その中にJeffrey Youngblood教授が進める、セルロースナノファイバー(CNF)からの生分解性パッケージング材料に関する研究が含まれていることが、Grow INdiana Media Ventures, LLC(アメリカ・インディアナ州)が運営する情報サイトInside INdiana Business With Gerry Dickに1月12日に掲載されました。製品化の一歩手前まで来ているようです。このサイトには、技術内容の紹介はありませんでしたが、Jeffrey Youngblood教授は2020年7月23日に開催されたTAPPI Nanotechnology Divisionのバーチャル国際会議で講演しており、押出法で安価に生産するCNFの多層シートのことと思われます。バーチャル国際会議のレポートは、このニュースにも掲載しています。

ナノセルロース・ドットコムロゴ

世界のトレンドから取り残されたくない!
コストも時間もかけたくない!
どこに相談したらよいのか分からない…