オハイオを拠点とする新興企業が培養肉生産のためのバクテリアナノセルロース足場を開発

2021.1.13 

培養肉生産のためのバクテリアナノセルロース足場を、オハイオを拠点とする新興企業が開発したことが、食品関係の情報サイトFOOD navigator – USA.com に1月12日付で掲載されました。この会社は7か国、14の培養食肉業者と連携しており、この足場は細胞の直径、配列、多孔性の調整や、フレーバー、ビタミン、ミネラル、成長因子の追加などができるそうです。

詳しくは、サイトの記事をご覧ください。

ナノセルロース・ドットコムロゴ

世界のトレンドから取り残されたくない!
コストも時間もかけたくない!
どこに相談したらよいのか分からない…