パルプ繊維の解繊度を定量解析するシステムを開発、CNFの品質基準策定に

2020.12.17 

パルプ繊維の解繊度を定量解析するシステムを開発したことを、大阪大学産業科学研究所がウェブサイトで本日発表しました。セルロースナノファイバー(CNF)は、木材パルプを解繊して作ります。この際に必須となる原料の解繊程度を客観的に定量評価するための、光学位相差分布解析システムを開発したものです。このシステムは、既定断面の石英流路に解繊パルプの水懸濁液を注入するだけの簡単な操作で、解繊パルプ懸濁液の光学位相差をマッピング画像化します。位相差画像の観測画角における平均位相差と、そのばらつきである標準偏差の両方が、解繊度に直接関係することがわかりました。そこで、これをパルプ繊維の解繊度に役立てようとするものです。この研究成果は、12月1日に英国学術誌Carbohydrate Polymersでオンライン公開されたとのことです。

詳しい内容は、阪大産研のウェブサイトをご覧ください。

ナノセルロース・ドットコムロゴ

世界のトレンドから取り残されたくない!
コストも時間もかけたくない!
どこに相談したらよいのか分からない…