製紙スラッジからセルロースナノクリスタルを製造するプロセス

2020.12.16 

セルロースナノファイバー(CNF)のCO2負荷と製造コストを低減するための研究開発成果をまとめた論文が、アメリカ化学会の論文誌ACS Sustainable Chemistry & Engineeringに掲載されたことを、苫小牧工業専門学校が本日プレスリリースで発表しました。

この研究は、同校の応用化学・生物系甲野裕之教授は令和2年度より東亞合成株式会社とCNFに関する共同研究を進めており、同じく東亞合成とCNFに関する共同研究を行っている東京大学大学院農学生命科学研究科の3者で論著した学術論文Nanocellulose Production via One-Pot Formation of C2 and C3 Carboxylate Groups Using Highly Concentrated NaClO Aqueous Solutionが、上記の論文誌の11月19日オンライン版に掲載されたとのことです。CNFを実用化するためには、CO2負荷と製造コストの低減が不可欠ですが、この研究成果はそれを解決するためのものとのことです。

なお研究内容については、東京大学大学院農学生命科学研究科・農学部のウェブサイトに、本日、解説記事が掲載されました。

また、苫小牧高専のニュースリリースは、こちらからご覧いただけます。

ナノセルロース・ドットコムロゴ

世界のトレンドから取り残されたくない!
コストも時間もかけたくない!
どこに相談したらよいのか分からない…