セルロースナノファイバーを使った半透明バリアペーパーが発売

2020.11.20 

パルプ繊維をミクロフィブリル化したものを紙にすると、透明かつ丈夫で、ガスバリア性の高い紙が得られます。スコットランドの製紙会社Arjowigginsは、10月29日付のプレスリリースで、半透明バリアペーパーSylvictaを発売したことを発表しました。バージンの木材パルプ繊維をミクロフィブリル化して得られるセルロースナノファイバーまたはセルロースミクロファイバーは、繊維間で水素結合するため、フィラーを添加しなくても、丈夫で緻密な紙を作ることができます。

この紙には、次のような特徴があります。

  • 食品包装容器としての使用が可能:ヨーロッパと米国の食品接触要件を満たしており、生鮮食品、乾燥食品、冷凍食品、湿った脂肪の多い食品との接触が認められています。
  • 高い酸素バリア性:BOPP(二軸延伸ポリプロピレン)フィルムと比較して2000倍の酸素バリア性、PETと比較して100倍の酸素バリア性がある。
  • 高いオイル・グリースバリア性:プラスチックベースのラミネートの代わりに、チョコレート、バター、油性製品に使用できます。
  • 高いアロマバリア性:食品の包装に一般的に使用されるラップフィルムよりも、香りの蒸発に対するバリアが高くなっています。

さらにこの製品は、生分解性が高く、堆肥化も可能です。

詳しくは、同社のニュースリリースをご覧ください。

ナノセルロース・ドットコムロゴ

世界のトレンドから取り残されたくない!
コストも時間もかけたくない!
どこに相談したらよいのか分からない…