廃棄物由来のセルロースナノクリスタルとHMPCから食品包装フィルムを開発

2020.11.18 

ヒドロキシメチルプロピルセルロース(HMPC)とバクテリアナノセルロース(BNC)を原料しする生分解性食品包装フィルムを、ブラジルのUniversidade Estadual Paulista(UNESP、サンパウロ州立大学)の研究者が開発したことが、ブラジルのウェブニュースサイトECOAに11月17日に掲載されました。この記事によると、HPMCのマトリックスに、BNCの廃棄物由来のCNCを組み込んでその特性を改善したものです。石油由来のプラスチックフィルムを置き換えることが可能です。なおこの研究はサンパウロ州立研究支援財団(FAPESP)の支援を受けて実施されたもので、研究結果はApplied Material & Interfacesに掲載されています。詳細はこちらの論文でご確認ください。

ナノセルロース・ドットコムロゴ

世界のトレンドから取り残されたくない!
コストも時間もかけたくない!
どこに相談したらよいのか分からない…