中国でナノセルロースの需要増?少なくとも14社が製造・販売

2020.10.19 

中国では少なくとも14社がセルロースナノファイバー、セルロースナノクリスタル、バクテリアナノセルロースの製造・販売を行っていることが、ナノセルロース・ドットコムの調査でわかりました。日本と比べて、次のような特徴があります。

  1. 1社で複数の種類のナノセルロースを扱っています。日本の企業の大半は、セルロースナノファイバー(CNF)のみを扱っていますが、中国の企業の多くは、CNF、セルロースナノクリスタル(CNC)、バクテリアナノセルロース(BNC)のほか、セルロースミクロフィブリル(CMF)やセルロースフィラメント(CF)を扱っているところもあります。顧客のニーズに合わせて、適切なナノセルロースを提供することができます。
  2. ナノマテリアルや機能性化学品を扱っている企業が製造・販売しています。日本の場合は、製紙メーカー、機械メーカー、化学メーカーがナノセルロースを製造・販売していますが、中国ではカーボンナノチューブやグラフェンなどのナノマテリアルや、各種セルロースなどの機能性化学品を扱っている企業が、ナノセルロースの製造・販売をしています。日本ではナノセルロースvs他のナノ材料という関係がありますが、中国の場合は、それぞれの長所を活かして融合する、という傾向があるようです。
  3. 価格を明記して販売しています。日本のメーカーで価格を公表しているケースは少ないですが、中国の場合、価格、スペックとも基本的に公表されています。

なお、これらの14社を含めて、外国の41社がナノセルロースを製造・販売しています。ナノセルロース・ドットコムの海外企業情報に概要を掲載していますので、興味のある方は、内容をご確認ください。

ナノセルロース・ドットコムロゴ

世界のトレンドから取り残されたくない!
コストも時間もかけたくない!
どこに相談したらよいのか分からない…