ナノセルロースを用いたクーラントをマレーシア・パハン大学が試作

2020.10.15 

ナノセルロースを用いたクーラント(冷却剤)をマレーシア・パハン大学(UMP)が試作しました。大学が最新の教育ニュースを公開するためのプラットフォームであるQS WOW NEWSに10月10日に掲載された記事によると、マレーシアパハン大学(Universiti Malaysia Pahang)の研究グループは、ナノセルロースを入れたクーラントの試作品を製作したとのことです。ナノセルロースをクーラントに添加することで、伝熱性が向上し、ラジエーターの冷却速度を上げることができるとのことです。また石油由来の物質の使用を減らすことができます。このサイトには概要しか記載してありませんが、研究論文が出ていますので、詳しい内容は論文をご覧ください。

Ihsan Naiman Ibrahim et.al., Effect of Impregnate Nanocellulose With Ethylene Glycol forCar Radiator Application, Journal Advanced Research in Fluid Mechanics and Thermal Sciences,  58(1) 43-50 (2019)

ナノセルロース・ドットコムロゴ

世界のトレンドから取り残されたくない!
コストも時間もかけたくない!
どこに相談したらよいのか分からない…