マハトマガンジー大学がナノセルロースの研究施設を拡充

2020.10.14 

マハトマガンジー大学(MGU)は、研究成果を実用化する加速するためのインキュベーション施設を10月27日から運用するとのことです。ヒンズー教徒の新聞、The Hinduの電子版に10月12日に掲載された記事によりますと、このうち、ナノテクノロジーインキュベーターには、ナノセルロース研究のための施設、マイクロセルロースを生産するためのパイロットプラントができます。さらに栄養補助食品や栄養補助食品の分野で、ナノセルロースで修飾された付加価値製品を開発するための施設もあるとのことです。

ナノセルロース・ドットコムロゴ

世界のトレンドから取り残されたくない!
コストも時間もかけたくない!
どこに相談したらよいのか分からない…