セルロースナノファイバーを使ったネイルチップをGSアライアンスが発売

2020.10.7 

セルロースナノファイバー(CNF)を使った天然バイオマス系生分解性樹脂によるネイルチップを、GSアライアンス会社が10月12日に発売することが、企業のニュースリリースを掲載するウェブサイト@Pressに掲載されました。ネイルチップは100%土に還る、自然由来の素材でできており、繰り返し使えるだけでなく、10年ほどで分解されます。CNFを使っているため、酸素や水蒸気が通りやすい多孔質構造になっており、爪が呼吸しやすいのが特徴です。色は半透明なので、ネイルカラーを塗れば何度でも使え、色持ちも持続します。価格は4枚入り400円で、10月12日から楽天市場で発売されるとのことです。