東ソー、伝動ベルト向けセルロースナノファイバー複合化クロロプレンゴムの低コスト製造技術開発に着手

2020.8.29 

東ソー株式会社のプレスリリース(8月28日付)によると、伝動ベルト用のCNF複合化クロロプレンゴムの低コスト製造技術の開発を、伝動ベルトメーカーであるバンドー化学株式会社と連携して、2020~2024年度に実施されるNEDOの助成事業で行うとのことです。同社は1971年よりクロロプレンゴム(商品名:スカイプレン®)の製造・販売を行っていますが、CNFを複合化することにより、伝動ベルト等の応用製品では、基本性能の向上が見込まれます。そこで量産化に向けてCNF複合化クロロプレンゴムの低コスト化製造技術の開発を進める予定です。

詳しくは同社のニュースリリースをご覧ください。
なおバンドー化学株式会社も、同日、ほぼ同じ内容のニュースリリースを出しています。

ナノセルロース・ドットコムロゴ

世界のトレンドから取り残されたくない!
コストも時間もかけたくない!
どこに相談したらよいのか分からない…