スギノマシン、NEDO事業でセルロースナノファイバーの販売価格を1/3~1/10程度まで引き下げへ

2020.8.24 

株式会社スギノマシンは「NEDOの炭素循環社会に貢献するセルロースナノファイバー関連技術開発」の助成事業に採択され、2020~2024年度に「ウォータージェット技術を用いた革新的CNF製造プロセス技術の開発および乾燥技術の開発」を実施することになったことを、8月24日付のプレスリリースで公表しました。同事業では、製造コストを大幅に低減させるための製造プロセス技術の開発や、用途開発の促進、安全性評価等を行い、CNFを利用した製品の社会実装・市場拡大を早期に実現することで、CO2の排出量を削減し、エネルギー転換・脱炭素化社会を目指します。

また日本経済新聞電子版(8月24日付)によると、この事業での成果をもとに、CNFの販売価格を水分散タイプは現状の3分の1、粉末タイプは現状の10分の1程度に引き下げることを目標にしているそうです。

詳細は同社のニュースリリースをご覧ください。

ナノセルロース・ドットコムロゴ

世界のトレンドから取り残されたくない!
コストも時間もかけたくない!
どこに相談したらよいのか分からない…