ケイ酸カルシウム水和物のナノシートとセルロースナノファイバーによる水の高度浄化

2020.8.18 

ケイ酸カルシウム水和物(CSH)のナノシートとセルロースナノファイバー(CNF)を含むナノコンポジットペーパーで、高性能の水浄化ができることを、浙江農林大学の研究グループが、RSCのオープンアクセス誌、RSC Advancesの最新号に発表したことが、Royal Society of Chemistry(RSC、英国王立化学会)のWebsiteに8月17日に掲載されました。

CSHはポルトランドセメントと水が反応してできる物質で、表面に多数存在するCa2+イオンは、さまざまな化学物質、例えば薬物、タンパク質、金属イオンを素早く吸着することが可能です。またCSHは低コストで化学的に安定であり、生体適合性もあります。一方で粉末CSHは、吸着後に水溶液から分離するのは困難です。そこでCSHのナノシートを作り、CSH/CNFナノコンポジットペーパーにすることで、水処理への適用可能性を検討しました。CNFは多孔質ネットワーク構造と流路を形成するためのブリッジ材料として機能します。

82.5%CSHナノシートを使用したCSH/CNFナノコンポジットペーパーでは、75%CSHナノシートを使用したCSH/CNFナノコンポジットペーパーに比べて約15倍の透水性を示し、高い比表面積とCSHナノシートの豊富な吸着サイトのため、高い吸着能力と除去効率を示しました。

詳しい内容は、RSC Advancesの論文をお読みください。

ナノセルロース・ドットコムロゴ

世界のトレンドから取り残されたくない!
コストも時間もかけたくない!
どこに相談したらよいのか分からない…