セルロースナノファイバーで抗菌した洗えるマスク

2020.8.3 

Makuake Incubation Studio(MIS)というサイトに、セルロースナノファイバーを使った、洗って繰り返し使える抗菌性マスクが掲載されています。まずMISというのは、企業の中にある研究開発技術や企画を製品やサービスに仕立て、事業として生み出すことをサポートする仕組みで、株式会社マクアケが運営しています。

マスクは中国製で、セルロースナノファイバー(CFN)(注:CNFではありません)と綿を原料として使っており、強い抗菌効果があると説明されています。セルロースナノファイバー自体には抗菌性はなく、セルロースナノファイバーに金属などを担持することで抗菌性を持たせているのですが、どのようなメカニズムで抗菌性が得られているのかについての説明はありません。中国の専門機関による検査結果が掲載されていますが、字が小さくて内容は確認できませんでした。

2020年5月3日からプロジェクトが開始され、このマスクの商品化を応援する人を募った結果、6月15日までに52万円の資金を獲得し、7月末までにマスクが生産され、資金援助した人に発送されたようです。価格は、1枚1,680円(税別)です。現在も同社のWebsiteから購入できます。

詳しくは、こちらをご覧ください。

ナノセルロース・ドットコムロゴ

世界のトレンドから取り残されたくない!
コストも時間もかけたくない!
どこに相談したらよいのか分からない…