ブラジルのGranBioが米国のAmerican Processを買収

2020.7.7 

ブラジルのバイオリファイナリー企業GranBioは、アメリカのバイオリファイナリー企業American Process Inc.(API)の全資産を買収したと3月6日のプレスリリースで発表しました。またあわせて、ナノセルロースをゴムに配合するためのマスターバッチを、世界的なカーボンブラックメーカーであるBirla Carbon と共同で開発したことも発表してします(詳細はこちらを参照)。APIは2年前までセルロースナノファイバー、リグノセルロースナノファイバー、セルロースナノクリスタル、リグノセルロースナノクリスタルをアトランタ近郊の工場で生産し、販売していましたが、APIのホームページからナノセルロースに関する説明が消え、APIでナノセルロースの研究開発を担当していた副社長がGranBioに移籍していたため、ナノセルロースに関する研究開発をストップしたのではないかと考えれていましたが、研究開発はGranBio の子会社であるGranBio Technologiesに受け継がれ、継続されていたようです。ちなみに、カナダのCNC製造最大手CelluForceにも、ブラジルの製紙大手Suzano S.A.が資本参加するなど、ブラジルの積極的な動きが目につきます。

ナノセルロース・ドットコムロゴ

世界のトレンドから取り残されたくない!
コストも時間もかけたくない!
どこに相談したらよいのか分からない…