草野作工のバクテリアナノセルロースを和菓子に採用

2020.6.7 

神奈川県小田原市曽我の老舗和菓子店「正栄堂」が、草野作工が製造・販売するバクテリアナノセルロース、ファイブナノ®を添加した和菓子を開発し、5月から販売していることが、神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙タウンニュース®(6月6日版)で報道されました。バクテリアナノセルロースの微細繊維が多くの水分を包み込むため、和菓子の保存期間を延長でき、製品をより遠方まで配送することができることに加え、製造ロスの減少にもつながるということです。また食感の向上という利点もあります。バクテリアナノセルロースが添加された「五郎力餅」などは、同社の本店と直営店で購入できます。なお、ナノセルロースが添加されたことを公表した和菓子は、田子の月(静岡県富士市)のどら焼き、坂根屋(島根県出雲市)の和菓子に続いて、3件目となります。

ナノセルロース・ドットコムロゴ

世界のトレンドから取り残されたくない!
コストも時間もかけたくない!
どこに相談したらよいのか分からない…