花王がセルロースナノファイバーを添加した高機能樹脂の供給を開始

2020.6.5 

花王は表面改質し疎水性にしたセルロースナノファイバー(CNF)を樹脂に均一分散させて機能を高めた樹脂を、LUNAFLEX(ルナフレックス)という名称で販売を開始しました。CNFは親水性のため、疎水性の樹脂に混ぜるためには、CNFの表面を疎水性にする必要があります。量子化学計算による構造予測に基づいた「デュアルクラフトシステム」と呼ばれるCNF界面計算技術で、濡れ性と立体反発の観点で選定した2種類の修飾基をCNFの表面に結合させる方法により、少ない修飾基の量で疎水性を付与することができるようになりました。例えば、立体反発・疎水性付与には、長鎖のポリアルキレングリコール(PAG)基、濡れ性付与には短鎖の芳香族基が使われます。この方法でさまざまな樹脂に対してCNFを均一ナノ分散することによって、高機能複合樹脂を製造することができ、適切な修飾基をカスタマイズすることで、樹脂になじみやすくしているとのことです。さまざまな樹脂への適用が可能ですが、プレスリリースでは、光硬化性樹脂(アクリル樹脂)、熱硬化性樹脂(エポキシ樹脂)、熱可塑性樹脂(フェノキシ樹脂)への適用例が紹介されており、大幅な高機能化が図られています。
詳細は、花王のニュースリリースをご確認ください。

ナノセルロース・ドットコムロゴ

世界のトレンドから取り残されたくない!
コストも時間もかけたくない!
どこに相談したらよいのか分からない…