大王製紙のセルロースナノファイバー成形体が卓球ラケットに採用へ

2020.2.21 

株式会社タマスが2020年4月に発売予定の高性能卓球ラケット「レボルディアCNF」の部材として、大王製紙のCNF成形体「ELLEX-M」が採用されたと発表しました。「ELLEX-M」はCNFとパルプ繊維を複合化したCNF高配合のシート状成形体で、汎用プラスチック材料の約5倍の引張特性を示します。従来のラケットに比べ、高反発でありながら振動特性を低く抑えられるとのことです。

詳細は大王製紙のプレスリリースをご参照ください。

ナノセルロース・ドットコムロゴ

世界のトレンドから取り残されたくない!
コストも時間もかけたくない!
どこに相談したらよいのか分からない…